病人のために祈ろう

 みんなが健康であることを願います。しかし、残念ですが私たちの中には病気で苦しむ人々がいます。神様は病人のために私たちがすべきことを教えてくださいました。それが「祈り」です。神様は病人のための祈りについて、聖書にこのように詳しく教えておられます。

 「あなたがたのうちに病気の人がいれば、教会の長老たちを招き、主の御名によって、オリーブ由を塗って祈ってもらいなさい。信仰による祈りは、病んでいる人を救います。主はその人を立ち上がらせてくださいます。もしその人が罪を犯していたなら、その罪は赦されます。ですから、あなたがたは癒やされるために、互いに罪を言い表し、互いのために祈りなさい。正しい人の祈りは、働くと大きな力があります」(ヤコブの手紙5:14~16)。

ここに書かれた病人のための祈りについてまとめます。

1)教会の長老たちの祈りを受ける

 教会の長老とは、牧師をはじめとする教会のリーダーたちを意味します。誰かが病気になったら、教会の長老たちにそれを知らせて彼らに祈ってもらいなさいと神様は語られます。病人のために一人で祈り、一人で病人の世話をしようという思いは正しくありません。自分を含め家族の誰かが病気になったら、教会に知らせて教会の祈りと助けを受けましょう。教会の牧師や長老たちは、病人のために祈りを頼まれたら、家に訪問して癒やしのために祈ります。

2)主イエスの御名によって祈る

 病人の癒やしのために祈るときは必ずイエス様の御名で祈りましょう。イエス様の御名で祈らなければ、その祈りは神様のもとに届かないからです。

3)信仰によって祈る

 信仰による祈りはイエス・キリストが病人を癒やし、立ち上がらせてくださるという確信を持って祈ることです。不信感や疑いを持っているなら、その祈りも神様に届きません。

4)罪を告白してから祈る

 罪人の祈りは神様に答えられません。だから、まず私たちの罪を神様の御前で告白し、悔い改めてから、病人の癒やしのために祈りましょう。

5)互いに祈る

 病人のための祈りは、教会の牧師や長老たちだけがすることではありません。教会のすべての信仰の兄弟たちが病人のために互いに祈らなければなりません。

 義人の祈り、正しい人の祈りは、働く大きな力があると語られました。イエス様を信じる皆様は義人です。正しい人です。だから皆様の祈りには大きな力があります。神様が皆様の祈りに答えてくださるからです。周りいる病人のために、一緒に、互いに祈りましょう。そうすれば、神様がその人を病気から救ってくださると信じます。愛します。