津波で壊されたフェンスを新しく

ずっと気がかりだった場所がありました。津波の被害でフェンスが壊れていたある住宅でした。この住宅は高い所にあり、80代のご夫婦が住んでいます。年配で主人様には糖尿病があり、時々めまいすることもあったため車の事故の可能性もありました。

2011年の津波で壊れたフェンス   <photo by yusuke>
高い所にある住宅

教会は今までフェンスの修理を誘って来ましたが、主人様は大丈夫だと断りました。ところが、最近教会がある住宅にボランティア活動でフェンスを設置してあげたことを見て、気が変わり、新しいフェンスを設置することにしました。

壊れた古いフェンスを撤去

感謝なことに、三浦さんと邊見さんが手を貸して下さいました。高い所にあってずっと雨だったので作業も簡単ではありませんでしたが、二人は喜んで手伝ってくださいました。

道路の方に落ちないように古いフェンスを引っ張る
新しいフェンスの柱を埋めるため開けた穴の掃除
津波被害の復旧工事中の浜も見える
開けた穴に新しいフェンスの柱を埋める
柱にフェンスのネットを掛けて仕上げ

今日も雨が降っていたので設置後の写真を撮れませんでした。三浦さんは糖尿があり、邊見さんも調子も良くないのに、雨の中四日間、良い行いでイエス様の愛と光を照らしてくださいました。お二人の協力によってフェンスは完成し、年配のご夫婦はこれから安心して車で家に上がれるようになりました。三浦さん、邊見さん本当にお疲れ様でした。神様の報いが大きいと信じます。愛します。