詩編147篇から受ける恵み

今朝は詩編147篇を黙想しながら深い恵みを受けました。それを分ち合いたいと思います。

詩篇147篇
1.ハレルヤ。まことに われらの神にほめ歌を歌うのは良い。まことに楽しく 賛美は麗しい。
被造物である私たちは、創造主である神様をほめ歌うために造られました。命を受けた被造物として創造主である神様を賛美するのは当たり前であることが分かります。2節から6節には私たちが神様をほめ歌う理由が出ています。

2.主はエルサレムを建て イスラエルの散らされた者たちを集められる。
3.主は心の打ち砕かれたものを癒やし 彼らの傷を包まれる。
4.主は星の数を数え そのすべてに名をつけられる。
5.われらの主は偉大であり 力強く その英知は測り知れない。
6.主は心の貧しい者を支え 悪しき者を地面に引き降ろされる。

神様は私たちのために場所を備え、散らされていた私たちを集められます。神様は私たちの心の傷を癒して下さいます。神様は数えれない星も数え、星の名も付ける方で、私たち一人一人も知っておられ、新しい名前も与えてくださいます。神様は全能で、知恵と力は人間の理性で測り知れません。神様は謙遜な人を支えますが、罪を犯す悪い人々を罰する公義の神様です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー-ー

7.感謝をもって主に歌え。竪琴に合わせて われらの神にほめ歌を歌え。
今回は感謝をもって楽器に合わせて神様に賛美しなさいと語ります。神様に賛美を歌う時、感謝して、そして楽器の演奏に合わせて上手に歌わないといけないことが分かります。昔は教会でピアノ、ギター、ドラムなどで演奏しながら賛美することは世俗的だと考えられて禁止されていた時期もありました。しかし、それは神様の御言葉に基づくものではなく、人間が決めたルールでした。感謝なことに、今は教会で自由に色んな楽器を通して神様に賛美をささげられています。

自由の中で忘れてはいけないことは、感謝と情熱をもって神様に賛美を歌うこととともに、冷静に楽器に合わせて賛美することです。例えば、指揮者に合わせて、リズムと曲調と隣の人の声に合わせて賛美することが必要だということです。
8節から11節には、私たちが神様をほめ歌う理由がもう一度出ています。

8.神は濃い雲で天をおおい 地のために雨を備え また 山々に草を生えさせ
9.獣に
 また 鳴く烏の子に食物を与える方。
10.神は馬の力を喜ばず 人の足の速さを好まれない。
11.主を恐れる者と 御恵みを待ち望む者とを主は好まれる。
自然を統治しておられる神様は、自分の力に頼る人ではなく、自分を低くして神様の力を恐れる人々を好まれます。皆さんです。神様を信じて、神様の全能の力を認め、神様を恐れる皆さんを神様は好まれます。感謝の歌を歌いましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

12.エルサレムよ  主をほめ歌え。シオンよ  あなたの神をほめたたえよ。
神様をほめたたえなさいと語るのは3回目です。その理由が13節から20節に出ています。

13.主は あなたの門のかんぬきを強め あなたの中にいる子らを祝福しておられるからだ。
14.主は あなたの地境に平和を置き 最良の小麦であなたを満たされる。
15.主は地に仰せのことばを送り そのみことばは速やかに走る。
16.主は羊毛のように雪を降らせ 灰のように霜をまかれる。
17.主は氷をパン屑のように投げつけられる。だれがその寒さに耐えられるだろうか。
18.主がみことばを送ってこれらを溶かし ご自分の風を吹かせると 水は流れる。
19.主はヤコブにはみことばを イスラエルにはおきてとさばきを告げられる。
20.主は どのような国々にも このようには なさらなかった。さばきについて彼らは知らない。ハレルヤ。

子孫たちを祝福してくださるから、心には平和を、体には上等な食べ物を与えられるから、神様に感謝の歌を歌いなさいと話しています。15節以降に注目してみてください。神様がご自分のみことばを私たちに与えられるから、感謝の歌を歌いなさいという内容があります。神様が与えたみことばが凍っている氷を溶かすので、水が流れるようになると書いています。

では、神様のみことばによって溶けた氷と寒さは何を意味しているでしょうか。それは、私たちの堅い心、高慢、苦しみ、悩み、心配、不安を意味します。このようなものでいっぱいになっている私たちの心に、神様がみことばを与え、それらを水に変えてくださるということです。では、高慢、心配、不安などが御言葉によって変えられた水は何を意味しているでしょうか。それはいのちです。私たちの中にある悪いものに神様の御言葉で注がれると、いのちの水に変わるということです。神様が私たちに御言葉、御言葉が書いてある聖書を与えられた理由がそれです。私たちの幸せのためです。私たちのいのちのためです。私たちを罪と死から救うためです。

愛する皆さん。神様は私たちにみことばを与えられます。その御言葉を受けると私たちはいのちを得ます。いのちをもたらす御言葉を与えられる神様!ほめたたえるべき方ではありませんか。ハレルヤ!