秋になると訪れる天使たち

2017年に私たちの教会が開拓されてから、毎年秋になると教会に訪問される天使のような方々がおられます。

お祈りと伝道を済ませて(左側から植野牧、青柳ご夫妻、智恵さん、川上牧師)

東京にある「キリストの栄光教会」の植野先生と青柳ご夫妻です。「キリストの栄光教会」は2017年9月から今まで総額158万円という大きな献金を私たちの教会に送って下さいました。

その貴い献金はおもに地域の施設の支援(老人ホーム、障がい者支援施設、保育所、仮設住宅)や困っている家庭の支援(火事が起こった家庭、母子家庭、急に住む場所が必要だった家庭など)に流れていきました。

それだけではなく、礼拝で使っているテーブル、子どもたちの英語礼拝のテキストとライセンス料、聖書、教会備品(チェーンソー、ブロア、BBQグリル、インパクトなど)などもこの教会の支援金で購入したものです。

さらに、3人の方々は来られるたびに、祈り会と伝道にも参加してくださいました。昨日も南三陸町で一晩泊まり、今朝お祈り会と伝道に参加して下さいました。南三陸町のため、住民のため、教会のため、皆さんのために熱心にお祈りしました。

今回も「キリストの栄光教会」の聖徒たちの愛と汗の献金20,000円を置いて行かれました。 「キリストの栄光教会」の川端光生先生、聖徒たち、そして今回も愛を伝えて下さった植野先生、青柳ご夫妻に感謝致します。

愛します。