天使たちが再訪問されました。

10月30日(火)~31日(水)に東京から天使たちが来られました。「キリストの栄光教会」(主任牧師:川端光生)の植野伸一先生と青柳泉&友子さんご夫妻が訪問して下さいました。この3人の方々はまるで神様が送ってくださった天使のように、光塩キリスト教会のために献金を伝え、南三陸町のためにともに祈って下さっていました。2017年にも大きな献金をして下さり、教会は神様に祈りつつ町の障害者施設や移転予定の保育所、生活が苦しい人々の支援、支援キット配布などに使いました。その献金の一部で買って保管しているチェンーソーやブロアーなどの道具も、色んな作業や被災地支援によく使っています。

この天使のような方々は、今回も43万円という大きな献金を伝えて下さり、水曜日の祈祷会と伝道にも参加して下さいました。
この場をお借りして、被災地の福音化のために神様の愛を送って下さった「キリストの栄光教会」の主任先生と聖徒たちに感謝申し上げます。

神様は教会にお金をくださると、教会がするべき仕事を必ず与えて下さいます。逆に、地域のために教会がするべきことがあれば、神様は教会にお金を送って下さいます。天使たちを通して教会にお金を送って下さった神様の御心がある場所、人や働きが分かるように、ずっとお祈りしています。
そのお祈りの結果、火事が起こって家を失ってしまったあるご夫婦のことを知り、昨日(11月2日)そのご夫婦に慰労金として3万円を伝えました。

まだお祈りが必要ですが、今回頂いた神様の愛は、教会の礼拝に出席している子どもたちの教育費のためかもしれないと思い、確認しています。
お祈りすれば神様の導きがあるため、これからも祈りつつ神様の御心を確認しながら、頂いた貴い献金を使いたいと思います。
ともにお祈りください。愛します。

0